TeamTakahamaLittleはおかげさまでRobocup2010 Singaporeのジュニアオープンリーグで3位入賞することができました。本当にありがとうございました。
Team Takahama on the weBloG
TeamTakahama on the Web! TeamTakahama on the weBlog!
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧OAKS16からM16-62Pに移行しました。
2008年 03月 09日 (日) 11:00 | 編集
2008030900.jpg
こんにちは。Hikaruです。
CPUをM16C/62AシリーズからM16C/62Pシリーズへ移行したため新しい環境を構築しました。昨日、適当な箱に適当な板、適当なHD、適当なCDドライブを入れて、windows2000入れました。今、環境構築しています。
以下、環境構築のためのメモ書き
○インストールする順番は、統合環境(TM)→コンパイラ(NC30WA)→フラッシュ書き込み(flashsta)→デバッガ(KD30)

○すべてインストールしたあとに、TMの「トンカチマーク?」で各ツールの登録をする、

○.x30ファイル(アブソリュートモジュールファイル)からROMイメージの.mot(モトローラ形式、ROM書き込みで使用)に変換するために、TMから、lmc30を追加する。以下手順。

TMの[プロジェクト]→[情報]でプロジェクトプロパティが出てくる。[ツール]タブのパッケージ内容:でlmc30にチェックを入れる。

するとコマンド欄に
$(LM) @$(ODINCMD)\$(LNLIST)が追加される。

これで構築完了。

11:29追記
「Clock skew detected」とMAKEが言ってくる時はパソコンの時計を確認。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Team Takahama on the weBloG all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。